オステオパシーと鍼・トップページ 本文へジャンプ提供
オステオパシー・鍼灸(大阪・高槻)


このサイトでは、一見関係がないようなふたつの医療、オステオパシー医学と鍼灸療法について紹介します。
中には少し難しい用語も含まれていますが、正確に知っていただくために、あえて、専門用語を含ませたものもあります。その際も、できるだけわかりやすいように解説を加えています。
また、内容に誤りのないように、改めていくつかの専門書に当たりました。
もし、不明な点や誤りがありましたら、ご一報ください。

お問い合わせ・
げんき本舗治療院
mail@genkihonpo.com

鍼に関しては下記でも結構です…
臨床伝統医療研究会
kansai@sgtmca.com


オステオパシーって何?


詳しくはこちら

オステオパシーは、1874年、アメリカのアンドリュースティル博士が始めた医学体系です。薬を使わず、身体の自然治癒力を生かし治すという医学で、他の多くの医学あるいは治療法に強い影響を与え続けています。
アメリカでは、D.O(ドクターオブオステオパシー)という資格で、M.D(メディカルドクター)と並んで医師・医学博士であり、D.Oは、通常の医師同様、投薬や手術などもできます。
他の先進諸国の多くは、MRO(Member of the Register of Osteopaths)というAAO(American Academy of Osteopathy)の国際加入会員の倫理規定に認められた基準に基づいたものを規定しています。但し、その国の法律に認可されたものもあれば、我が国のように、民間資格であるものなど様々です(MROが医師免許を目指すものと誤認している自称オステオパシー治療家もいるようですが間違いです。MROはオステオパシーにおいて国際的な知識と技術があることを証明するものです)。

我が国では先に書いたように国の認めた資格はありませんが、我が国でMROを認定している日本オステオパシー連合などは、国際的な医学標準を維持し、正しいオステオパシーを普及、推進するべく活動しています。
なお、オステオパシーは、整体やカイロプラクティックとは全く違います。オステオパシーの治療院、あるいは教えている学校でさえも、オステオパシーについて理解していないところがあります。決して半年や1年、あるいは整体などと一緒に短期間で学べるものではありません。
もし治療を受ける際は、そのような短期間で習得できるような学校で学んだような人に受けると危険です。


鍼治療って何?


詳しくはこちら
鍼治療は、中国に始まった東洋医学(中国では中医学といいます)のひとつです。鍼に関する文献は、約2千年前の黄帝内経(こうていだいけい)が初出で、現代においても、東洋医学、特に鍼治療の基礎理論は、この書物に重きを置いています。
鍼治療では、身体を流れる気の動きをいかに正常にしていくかに重点を置いています。気とは、エネルギーと考えればわかりやすいでしょうか。
しかし、2千年の歴史の中で、あるいは国の違いや文化の違いの中で様々な手法が生じ、特に近年の我が国においては、単に鍼治療といっても、鍼師が10人いれば10通りに方法があるといってもいいほど多様化してきました。この多様な手法や考え方を全て上げると膨大な分量になってしまいます。
そこでこのサイトでは、鍼治療における基本的理論を押さえつつ、筆者の用いる方法を中心に記載することにします。
なお、我が国においては、鍼治療は、はり師という国家資格が必要です。同様に灸はきゅう師、按摩やマッサージなどはあん摩マッサージ指圧師という国家資格があります。どれも厚生労働省管轄の養成施設(専門学校)か文部科学省管轄の学校(盲学校、大学)で3年以上基礎医学、臨床医学、東洋医学、実習などを履修し、国家試験に合格しなければ行うことはできません。
しかし、国家試験には実技科目がありませんので、国家資格を持っていても鍼を打てない人がいます。資格があるということは最低条件であり、実は治療技術が伴っていないこともありますので注意が必要です。
Copyright(C) 2007 げんき本舗治療院 All rights reserved.